iPhoneの『Appライブラリ』とは?iPhoneの便利機能

iPhoneのOSをiOS 14にアップデートをすると、ホーム画面の1番右のページに『Appライブラリ』というページが追加されます。『Appライブラリ』とは、今までにダウンロードしたアプリがカテゴリー別に整頓されているページになり、これからダウンロードするアプリも自動で振り分けてくれるのでアプリを見つけやすくなる。その為保有アプリはホーム画面と『Appライブラリ』の2ヶ所に表示される事になりますが、この機能を活用してホーム画面を整頓できます。今回はこの『Appライブラリ』の使い方や設定方法についてまとめていきたいと思います。

カテゴリーごとにアプリを表示

 

1.ホーム画面の一番右のページへスワイプ

 

2.『Appライブラリ』のページ

アプリを検索

 

1.赤枠の検索バーをタップ

 

2.探したいアプリ名を入力

アプリを消去せずに、ホーム画面から消す

 

1.移動したいアプリを長押し

2.移動したいアプリを矢印方向へ『Appライブラリ』まで

 

3.『Appライブラリ』のページでアプリを放す

すると、利用頻度の低いアプリの消去をせずにホーム画面を整頓できます。

アプリを消去せずに、ホーム画面からページごと消す

 

1.画面を長押し

2.赤枠の「・・・・」をタップ

 

3.ホーム画面から消したいページのチェックを外し、右上の「完了」を選択

 

4.アプリは『Appライブラリ』に残りますが、ホーム画面からはページが消えて整頓完了

『Appライブラリ』からアプリをホーム画面へ戻す

 

1.一番右のページまでスワイプして『Appライブラリ』へ

 

2.ホーム画面へ戻したいアプリのカテゴリーを選択

 

3.ホーム画面へ戻したいアプリを長押しして、アプリを矢印方向に戻したいページまで移動

新しくダウンロードしたアプリの設定

これから先ダウンロードしたアプリを、「ホーム画面に追加」するか「Appライブラリのみ」に表示するかを設定から変更できます。

 

1.設定を選択

 

2.赤枠の「ホーム画面」を選択

 

3.これから先、ダウンロードしたアプリをホーム画面へ直接追加しない場合は、赤枠の「Appライブラリのみ」を選択

※デフォルトでは「ホーム画面に追加」にチェックが入ってます。

設定を「Appライブラリのみ」にした場合、ダウンロードしたアプリはホーム画面へ自動追加されなくなりますが、後から指定のアプリだけをホーム画面に追加したくなった場合、当記事1番上の目次から『Appライブラリ』からアプリをホーム画面へ戻すを参考にしてアプリをホーム画面に追加してみてください。