冷え性対策、改善!体の正しい温め方!

冬になると冷え性の方は、つい厚着したり、暖房をつけていても寒かったり、寝る時も指先や足先が寒くてなかなか寝付けなかったりすると思います。今回は、寒がりな方や冷え性の方に効果的な方法を紹介します。

冷え性の人は平熱が低い?

昔の人と比較して現代の人は平熱が0.8℃ほど低いと言われています。平熱が36.0℃以下の人も多いのではないでしょうか。平熱が低く無くても末端冷え性の人もいるので、足先が冷えて眠れなくなる人は靴下を履いて寝る方もいるそうですが、人は寝ている間にたくさん汗をかくので余計に冷えやすいのでオススメはできません。また、体温が低い人は冷え性の方が多く、冷え性は免疫力の低下などの体に悪い変化を引き起こします。

 

体温が下がると体内の酵素の働きが弱くなる

酵素の働きが弱まると、どうなるのか?

  • 思考力の低下
  • 消化機能の低下
  • 免疫力の低下

など、体全体の機能が弱まります。

 

冷え性対策

白湯を飲む

特に体温が落ちている朝は、体がさらに冷えてしまう冷たい水ではなく、白湯を飲むのが体温を上げるのに効果的です。

筋トレ

昔と違い便利な家電や娯楽、施設などが増えた影響もあり日常生活で筋力を使う機会が少なくなりました。筋肉量が低下すると基礎代謝が下がり、体温が低下します。

より効果的なのはスクワットです。腰や太もも、ふくらはぎの筋肉を一度に鍛える事ができます。日常的に行う事により、下半身の脂肪が落ちるだけで無く筋肉がつくので、体も引き締まり血行も良くなります。入浴後に行うとさらに体温が上がりやすくなるので眠りにつきやすくもなります。

合わせて腹筋まわりも絞りたい方は、負荷のかけやすいので腹筋ローラーもオススメです。

腹巻

お腹は体の中心になり臓器が集まっています。腹巻きをする事によってお腹(臓器)が温まり、温まった血液が体の先まで温めてくれます。血液の流れも良くなるので、酸素や栄養素が血液にのって隅々まで運ばれ、細胞も活性化し免疫力のアップにもつながります。

体が常に暖まった状態であれば、冬でも暖房の設定温度を下げられますので電気代を抑えられますし、洗って繰り返し使えるので経済的です。

腹巻は特にオススメなのでぜひ試してみてください。

 

オススメ

【腹巻】

1位
[グンゼ] 男女兼用 腹巻 綿リッチ H1000 ブラック 日本L (日本サイズL相当)

新品価格
¥732から

2位
[グンゼ]男女兼用 腹巻 柔らか温か MH1970H ネービーブルー 日本M (日本サイズM相当)

新品価格
¥1,100から

3位
[高橋ミカ開発]男女兼用 シルク腹巻 芸能人愛用 ブラック レディース かわいい 妊婦 マタニティ 防寒 薄くてもあたたかい 冷え対策 暖かい 妊活

新品価格
¥1,650から

 

【腹筋ローラー】

1位
adidas(アディダス) 腹筋ローラー トレーニング ADAC-11404

新品価格
¥2,288から

2位
【Amazon限定ブランド】ボディテック(Bodytech) 腹筋ローラー 膝保護マット付き 超静音 ダブルローラー BTS91NH001

新品価格
¥1,200から

3位
腹筋ローラー 膝マット付き 静音 ダイエット器具 男性/女性

新品価格
¥530から