11都府県に緊急事態宣言の発令。2021年1月8日(金)〜2021年2月7日(日)まで

菅首相は2021年1月5日(火)自民党の役委員会で発表した通り、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年1月7日(木)午後6時頃、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言を発令した。

追記:政府は2021年1月13日(水)、首相官邸で新型コロナウイルス対策本部を開き、大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県を緊急事態宣言の対象に追加すると発表しました。東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県とあわせて11都府県に広がり、追加した地域の実施期間は2021年1月14日(木)から2021年2月7日(日)までとなります。

内容は以下の通りです。

期間や地域について

 

緊急事態宣言の内容
対象期間

2021年1月8日(金)〜2021年2月7日(日)


追加:2021年1月14日(木)〜2021年2月7日(日)

対象区域

東京・神奈川・埼玉・千葉


追加:大阪・兵庫・京都・愛知・岐阜・福岡・栃木

解除判断【ステージ3】の基準以下で総合的に判断

措置内容について

 

緊急事態措置
•飲食店などで午後8時までの営業時間短縮
•酒類の提供は午前11時〜午後7時に制限
•宅配やテイクアウトは対象外
•通院や買い出しなどを除く不要不急の外出や移動の自粛
特に午後8時以降の外出自粛を徹底
•テレワークを推進し、職場での出勤数の7割削減を目指す
•必要な場合を除き午後8時以降の勤務を抑制
•イベントは【最大5000人かつ収容人数50%以下】に制限
•午後8時までの営業時間短縮
•感染リスクの高い部活動の制限
•一斉休校は求めず、大学入学共通テスト等は予定通り実施